自重

自重によるトレーニング

自重によるトレーニングについて解説しています。

 

自重とは自分の体重を利用して行うトレーニングです。

 

自重で行うトレーニングは道具を利用する筋トレに比べ、
安全だと考えている人がいますが、実はそんなことはありません。

 

例えば、腕立て伏せ(プッシュアップ)や懸垂(チンニング)などは、
筋力が足りない人が行うと1回、2回しかできません。

 

1回しかできない強度は最大筋力です。
筋トレに慣れていないうちは最大筋力で行うと怪我をする恐れがあります。

 

最初のうちは8回から12回程度出来る強度で行う方が、
フォームも安定しますし、怪我をする可能性も少ないです。

 

逆に数をやりすぎると、動作が雑になってきますのでフォームが悪くなり
怪我をする可能性があります。

 

少ない回数しか出来ないメニューであれば、軽量ダンベルを用いた方が、
効果が高いので、注意して行いましょう。

  1. 腹筋を鍛えるクランチのやり方と効果
  2. ツイストクランチのやり方と効果(腹筋横)